踏み絵を踏んでいる

これは、老化現象の一部で、見た目より、快適性を重視しているから。 おしゃれは、見た目を優先し、どれだけ苦痛や、不快さに耐えることができるか、踏み絵みたいなもの、 そういう忍耐度チェック説があるが、わたしは、いの鬼剃頭一番に躊躇(ためら)いなく、踏み絵を踏んでいる。 というか、他人は、わたしの服など、まったく見ていない。 わたし自体を見ていない。 本人が思っているだけ。 それを「こ…

続きを読む

恥ずかしげもなく

よくまあ、恥ずかしげもなく・・・ 読みながら、もういい、もういいから、そこで、やめて~、と、目を覆いたくなることもある。 (→なんて、だいたいは、誇張表現が多紋內眼線いんですけどね) 前は、アート展覧やら、マメに書いていたこともあったが、最近は、全然だ。 旅も、写真を必死で撮ったり、枚数多くアップするため、画像処理に、あっぷあっぷしたり・・・ それに比べると、 3ヶ月前のマカ…

続きを読む